自分でできた!

経験豊富な小児科医で二児の母でもあるレヴィン医師に、自信があり自立した子どもを育てるためのアドバイスを伺いました。 秘訣は、思っているよりも早い時期に始めることです!

専門家の紹介

ニューヨーク在住の小児科医であり、ソフィーとチャーリーのママでもある、アラナ・レヴィン医師は、医療に関する最新情報や一般的な育児トピックをテレビや雑誌を通じて伝えています。

ここ北欧では、子どもたちに安全な環境でのびのびと成長させ、独立心を育む文化が昔からあります。 レヴィン医師と北欧の子育てへの考えは一致するものであるため、詳しくお話を伺うことにしました。

なぜ自立を学ぶことが重要なのですか?

自分で何かができると信じる自信を持つことは、「一人で生きていく力のある」大人になるために重要です。 これにより、安全地帯に留まらず、思い切って行動を起こすことができるようになります。 それに、自分で何かをやり遂げると達成感がありませんか?

早いうちから子どもたちに自立を学ばせることを推奨されていますが、 小さい子どもたちに対して、どのようにして始めたらよいかかいくつか例を挙げてもらえますか?

生後 6 ヶ月までには、ほとんどの赤ちゃんは手の届かないものやおもちゃを掴もうとします。 子どもが何かを求めていることに気づいたら、自ら努力してそれを手に入れられるように応援してあげてください。 それを単に子どもに渡してしまうと、自分でできるということを学習する機会がなくなってしまいます。 次回、同様の状況が起こった場合、自分で努力するより、パパやママがそれを自分に渡してくれることを待つようになってしまいます。 同時に、自分の欲しいものを得るために必要なスキルがあることを発見する機会もなくなります。

X
<p>Dr. Levine holding a baby next to the bed</p>

辛抱できず、挫折してしまうかもしれないと心配するご両親に伝えたいことは何でしょうか?

1 回小さなタスクを試してみて、様子を見てみることをお薦めします。 この成果により、ご両親は、子どもの人生のその他の領域においても同様のテクニックを継続して使うことができるようになるでしょう。

 
X
Baby having bath with the father

自立を学習することは、成長過程においてどのように役立ちますか?

すべてのやり方がわかっている人は誰もいません。 幼いうちに、新しい情報を探して手に入れるスキルと、成功するまでトライし続ける忍耐力を身につけることは、子どもたちにとって思春期と青年期を自信を持って過ごすために役立ちます。

 
X
Baby boy and his mother having lunch

自信のある子どもを育てるために 1 つアドバイスをするとしたら何ですか?

「忍耐力と粘り強さを鍛えることは、将来への投資です。 早い段階で取り組むと、 その効果は絶大です。」

Dr. アラナ・レヴィン医師と子供たちのソフィーとチャーリー。

レヴィン医師は、 米国小児科学会の通信とメディアに関する執行委員会のメンバーであり、AAP ポリシーに精通しています。