安全で快適な眠りのためのヒント

赤ちゃんのような眠り

お子さまの寝かしつけにお困りですか?それはあなただけではなく、多くの親や介護者が直面する問題です。幸いなことに、米国小児科学会や米国疾病対策予防センターなどの専門家が、お子様を落ち着かせ、安全な睡眠を確保するための睡眠に関するアドバイスを提供しています。

適切な睡眠環境

赤ちゃんにとって最も安全な場所は、その子自身の睡眠環境です。ベビーベッドには、赤ちゃんとマットレス、ぴったりしたシーツ以外のものを入れないでください。ぬいぐるみ、ベビーベッド用のおもちゃ、モビールなどは、夜中に危険な状態になる可能性があるため、取り除いてください。
To guarantee a peaceful sleep for your baby, its bed needs to be empty of any distraction such as toys or any mobiles near by.
生後6ヶ月間は同じ部屋で寝ることを検討しますが、同じベッドで寝るのはなるべく避けましょう。授乳したりあやしたりするために赤ちゃんを自分のベッドに連れてくるのはかまいません。ただし、赤ちゃんが自分のベッドに慣れるように、また、お母さんも赤ちゃんもきちんと眠れるように、その後はベビーベッドに戻すことをおすすめします。
Keep you and your baby in a different room when possible to guarantee both your own place for sleeping.

赤ちゃんの寝る体勢

新生児や小さな赤ちゃんには、仰向けで寝ることが推奨されています。特に逆流や吐き戻しのある赤ちゃんは、仰向けにすると窒息するのではないかと心配されることがありますが、専門家の間では、そのような場合でも赤ちゃんを仰向けに寝かせるのがよいという意見があります。赤ちゃんが自分で寝返りを打てるようになったら、仰向けにする必要はありません。
Sleeping on their backs is the recommended position for newborns and small babies.

通気性

ベビーベッドでは通気性が重要です。ベビー用マットレスを購入する際に最も重要なのは、通気性のよいマットレスを選ぶことです。ほとんどの方は、すでにこれらのことを読んだり聞いたりしたことがあるに違いありません。しかし、なぜでしょうか?ここで本当に大切なことは何でしょうか?
通気性のよいマットレスカバーとマットレスコアの通気システムの組み合わせにより、赤ちゃんが自由に呼吸でき、ベッドの中で汗をかかないようにします。空気の通り道と通気性のよい素材が、マットレスの中の空気を循環させます。赤ちゃんが吐き出した二酸化炭素を排出し、熱をこもらせません。
Having an air-permeable mattress covers and ventilation system is key to ensure ensure that your baby can breath freely and avoid sweat in the bed.

適切なマットレスの高さ

マットレスの高さを調節できるベビーベッドを選びましょう。新生児のうちは、赤ちゃんの手が届きやすいように、一番高い位置にしておきましょう。赤ちゃんが寝返りを打てるようになったら、安全を確保するためにマットレスの高さを下げ、自分で体を起こせるようになったらさらに下げます。

幼児用ベッドへの移行の時期

赤ちゃんがベビーベッドから出られるようになったら、幼児用ベッドに移行する時期です。夜監視していない間のお子様の動きは危険です。お子様がベッドを欲しがるようになったら、移行する準備が整ったサインだと考えてください。寝室を危険のない場所にするために、おもちゃや本棚を撤去してください。安全なおもちゃや本を用意し、お子様が設定時間前に目が覚めても自分で楽しめるようにしておきましょう。
Time for a toddler bed

なかなか寝つかないお子様に

お子さまが自分で簡単にベッドから出られることに気付いた最初の数日間は、大変かもしれません。 このようなことが起きた場、落ち着いて一貫した姿勢で、繰り返しお子様を自分のベッドに戻して歩いてあげましょう。 そうすることで、よい睡眠習慣が身につき、自分のベッドでぐっすり眠れるようになり、夜中に目が覚めることも少なくなります。
Being calm is key when you baby realizes that can easily get out of bed. By doing this you stimulate good sleeping habits and less changes to awake more frequently.
お子さまがベッドから出てしまう場合でも、絶望しないでください。 長い時間(何日も)かかるかもしれませんが、根気よく続けてください。赤ちゃんは、そこが眠る場所であることをすぐに理解します。 表情を崩さず、毅然として、しかし明るくこう言ってください。「夜は自分のベッドで寝ようね。おやすみなさい。また明日ね 」。騒いだり叱ったりすると、お子様はその行動を繰り返し、あなたがイライラして降参するのを期待します。ベッドで一緒に寝るのは、なるべく避けましょう。お子様には自分の寝る場所があるのだということを、しっかりと教えてあげる必要があります。
Keeping your child in the bed is the first step to guarantee a good sleeping habit.
Plenty of Praise
しっかり褒めてあげましょう
睡眠に関しては、前向きになれるよう手伝ってあげることが最も効果的です。お子様が一晩中ベッドで寝れたら褒めてあげましょう。よく眠れたときのごほうびも効果的です。ごほうびとして、睡眠の節目に、お出かけしたり家族との時間を取ってあげると、さらに効果的です。